contents_jigyou.jpg

会社の理念

【会社の理念】⇒『目指すもの』へ

私たちは、
  
「日本の食糧自給と低炭素社会形成に役立ち、
                       お客さまの仕事の安全と、コスト削減に貢献できること」

を目指します。

くらし技研のスタッフ

くらし技研㈱技術担当の岩田誠司です。 
各地で漁場づくりを手伝い、『ネットコンテナ』『ネット蓋』の開発を担当しました。

 

jijyo_01.jpg
定置網の寸法確認作業の岩田誠司(千葉県館山市)
jijyo_02.jpg
操業手順を確認中の岩田誠司(宮崎県延岡市)

「未熟で、学ぶことばかりですが、若い力で社会の荒波に向かっていきます。よろしくお願いします。」

得意な分野…『漁業・養殖施設の設計施工、漁場調査』

漁業施設は所定位置に正確に設置することが必須条件で、測量に基づく正確な現場位置表示と再現が不可欠です。

jijou_03.gif
ZEN’S方式
『直下位置表示ボンデン』 =誤差最小限
jijyo_04.jpg
jijyo_05.jpg
光光波測角測距儀による沖の基点測量
jijyo_08.jpg
コントローラーでロボを操縦
jijyo_06.jpg
調査用ロボの潜航開始
jijyo_07.jpg
ロボからの映像
(番号で位置表示)

実績

岩田〔くらし技研(株)代表〕は全国40ケ所以上で、
確かな調査と測量・正確な計算・海で培った高い技術で漁場つくりを進め、

1.安全、2.流失・破損防止、3.生産量増大、4.省力化、5.低コスト、

を念頭に設計し、設置作業を主導してきました。

       

jijyo_09.jpg陸で施設を組立(フロート部)
jijyo_10.jpgクレーン台船によるブロック投入
jijyo_11.jpgブロックに連結したアンカーロープ

日本最大級沖合養殖施設(大型40×60m生簀30面)設計、施工主導。
(設計条件=波高8m+潮流2ノット:1994年・延岡沖)

 

jijyo_12.jpg
jijyo_13.jpg
新しいサケ+雑魚用網型の設計・設置(運動場の張立て・底建網設置作業):青森県三沢沖

 

jijyo_14.jpg
本格的な内地型省力定置網〔底建+中層網〕を設計・設置した(株)古谷水産殿の操業〔宮崎県延岡市島の浦〕