コラム

4.「生きることの本質」4回連載 (最終回)

2012年10月06日

4ヒトが生き残るために


①生物が生存できる地球に
庭の朝顔は種から蔓を伸ばして葉を茂らせ、ネットの上に行きつくと、協力しあうかのように蔓が絡みあって束になって空間に伸び、次の場を探っている。植物にも意志があるように見える。
盆過ぎに淡い赤い花が1輪咲き、少しずつ増え、1週間遅れて水色の花が加わり、今朝数えると赤が30、青が120ほど咲いていたが、毎日それを見て元気を貰っている。
植物から貰っているのは元気だけではなく、ヒトを含むすべての動物は、植物が作った酸素と植物の命、食物連鎖で植物から転換された動物の命を貰って生きている。
人類の活動による温暖化で、多くの生物を絶滅させているが、人類は生活様式を変えてでも温暖化を阻止して、生物が永く生存できる環境を維持することが求められている。



②優しさが自らを救う
「青い水の星」地球は、果てしない宇宙でも他に見つからない、かけがえのない生命を育む星で、そこに住む生物と共存できるか否かが人類に問われた命題であり、ヒトを含むすべての生物に対して「優しさ」を持って行動できるか否かで、自らを救えるかどうかが決まってくると思われる。
教会の会員が、サザエを壺焼きにする時に「ごめんなさいね」と声をかけたそうである。
サザエに対するその声掛けを知って、その方の人柄がさらに奥深いものに感じられ、そのような人が存在する人類は、まだ生き残れる可能性を残しているのではないか、と思われた。
尚、私は、人を見るのに、「人柄」を最重要な尺度にしている。



③子どもの感性と優しさを伸ばすのが教育の原点
最後に、朝日新聞の「ひととき」欄の寄稿文の一つを紹介してこのテーマでの話を終えたい。

「娘のあいさつに学ぶ」寄稿:座間市 AYさん(主婦30才)
まだ赤ちゃんっぽさの残るぷくぷくとした手を合わせ「いただきます」「ごちそうさま」と丁寧にあいさつする2歳半の娘。 彼女がこの言葉を覚えたときは、料理を作った自分へのご褒美のようでうれしかった。 私への言葉だとずっと思っていた。
で もある日、食事の最初と最後だけあいさつをしていた娘が、一口食べるたびに「ブロッコリー、いただきます」「おさかな、いただきます」と言い、一品目を食 べ終わるたびに「ブロッコリー、ごちそうさまでした!」「おさかな、ごちそうさまでした!」「ごはん、ごちそうさまでした!」と手を合わせて言ったのだ。
その姿を見た私は、はっとした。「いただきます」「ごちそうさま」のあいさつは、料理を作った人だけに向けられるものではない。 毎月お米や野菜を送って くれる実家の両親や、食材として口に運ばれるまでにかかわったすべての人、さらに食材そのものへの感謝を表すものなのだ。

(以下略)


福島第一原発の事故や原子力発電に対する様々な場面において、高い教育を受け、国をリードすべき立場の政界、官界、経済界、電力会社等の上層部の人間が、次々に、際限もなく、本質から逸脱した恥ずべき言動を弄したのと対照的な、幼い子どもの感性と優しさに救われる。

子ども達の心を真っすぐに伸ばすことこそ、教育の原点であり、社会に求められていると思う。

(終わり)

カテゴリ:生きることの本質