コラム

海と魚の復活を目指すために

2009年07月15日

海と魚の復活を目指すために

-安全な食糧を供給する漁業の構築に向けて【4】-

 

1.国の政策が招いた漁業の現状

日本各地の海岸や漁港、漁場を巡って感じることは、「いつの間にこんなにコンクリートで固めてしまったのだろうか」という驚きである。 特に、沖から海岸を見ると無残で、衝撃的である。
最近まで砂浜・浅瀬・干潟、藻場や葦原がどこでも見られたが、今は、魚を寄せ付けない城壁のようなコンクリート護岸や三角錘の塊など、海に相応しくない殺伐とした風景ばかりが目立つ。

pdf_icon_on.gif 

カテゴリ:エピソード